スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新春のNYより
Mon.02.01.2012 Posted in flowers

120101-3.jpg




手前のブーケは、連翹とライラックの、春の枝ものと草花を束ねたSpring Bouquet。



後方は、アネモネとラナンキュラスとラズベリーの、Sweet Pink Bouquet。





それぞれ、別の劇場へ行きました。









今年もどうか沢山の、素敵な出会いに恵まれますように!






心からの愛と感謝を込めて、NYより。







« A Child's Christmas in Wales | Home | New Year's resolution  »

comments

どうもありがとうございました!!

MARIさん、先日はどうもありがとうございました。

「瀕死の白鳥状態」のなか、これだけの素晴らしいブーケがその繊細な手から紡ぎだされた奇跡。
アート作品が生まれる瞬間を間近に見させていただき、2011年のいい思い出になりました。

このブーケを見たときの彼の嬉しそうな表情も忘れられません。
「Bearutiful…」

彼にとって初めてのB'wayでのプリンシパル。
その年の最後のパフォーマンスを、このブーケでcelebrate出来て本当に良かったです。

MARIさんのお仕事は色んな人を幸せにしますね。
また今年もよろしくお願いいたします!!

瀕死の白鳥というよりは・・・

メガヒヨさん

瀕死の白鳥というよりも、息の上がった金魚というか・・・(ふ)
メガヒヨさんの痒いところに手が届く、絶妙のアシストのおかげで、こちらこそ、今回は、ほんとうに!助けていただきました。
ありがとうございます! 

N氏にお贈りするお花については、市場で、鮮やかなフューシャ・ピンクのアネモネを見たときにもう、これしかないだろうと思いました。
ラズベリーも、彼のSweetな雰囲気にはぴったりでしたよね。
そして、シルバーのラッピング・ペーパーを持参していた自分は天才だ、と心中自画自賛しました(笑)

次に彼にお花をお届けするのは、もしかしたら楽日でしょうか。
彼はこれから先が楽しみな役者さん。これからも、花をお贈りする機会はまだまだ沢山あるでしょうね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。