スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Autumn in New Brunswick -7-
Sat.26.11.2011 Posted in @Theater

翌日。


朝の4時半に起きると、手早く身支度を整えて。



わたしは、始発の電車で、マンハッタンに向かった。





111126-5.jpg








彼の、誕生日のための花を仕入れに。







111126-4.jpg




あの人にふさわしい。


豪華で優しく香り高く。


見た瞬間に微笑みがこぼれるような花を、作ってあげたい。





111126-1.jpg



夜明け前の花市場で、仲卸を回りながら。


一つ一つ、吟味して花を選んだ。





111126-2.jpg




前の晩。


わたしが花を作りたいと言ったとき、彼は。



そんなことをしなくても良いんだ。
僕は君には大変な思いを何一つさせたくない、と反対したけれども。






大変なんかじゃない、自分にとって、あなたのために花を作ることは喜び以外の何ものでもない。

だからお願い。
どうか作らせて欲しい、と食いさがるわたしを。





最後は、いつものように。





笑って、許してくれた。







111126-3.jpg





山のような花を両手一杯に抱えて、Penn Stationから。


帰りの電車に乗リ込むとき。





わたしの心は、一点の曇りもなく、澄んでいた。







« Red × Gold | Home | 万感 »

comments

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。