スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Miss you
Sun.14.08.2011 Posted in @Theater


いつから、わたしは。


あなたに。



こんなに、率直に。




自分の気持ちを言えるようになったんだろう?









多分。



去年の、冬くらいからだ。






12月。


そして、3月。




わたしたちにとって、とても大きな出来事が。




続けざまに起こった時期。









嬉しいこと。

楽しいこと。


幸せなニュースも、もちろんだけど。




一方で。




辛いこと、悲しいこと。

誰にも言えない、個人的な苦しみや。



孤独や、辛さをシェアできたときに。





わたしたちの関係は、また。



それまでとは、ほんの少し。




変化して。




新しい局面を、迎えたのかもしれない。







・・・と、今になって思う。












あの日、いつものように。







二人で一緒に帰った、夜道の。




別れ際に。






彼の首筋に、顔をうずめたまま、わたしは。





あなたが恋しい、と囁いた。






何も考えていなかった。



ただ、自然に口をついて出たのだ。








何言ってるの、僕はここにいるのに、と。






あなたは、微笑っていたけれども。






そういう意味じゃないことも、あなたがちゃんとわかっていることを。





わたしは知っていた。







そして、今は。



それで、充分だと思った。












You are lovely.




あなたは一言。




そう言って。







わたしの体を抱き締めた。





« Breakfast | Home | 佐藤忠良氏 »

comments

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。