スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Dried Wreath
Thu.20.01.2011 Posted in flowers

110120-1.jpg



紫陽花のリース。





夏にドライにした紫陽花の、大振りの一房が残っていたので。



寝室用に。







ラブリーなハート・シェイプだけれど、ドライの紫陽花なら大丈夫。




退色しつつある仄かな紫、紅色に、ブルー。





枯れたテクスチャーが、甘くなりすぎず。





大人のベッドルームには、このくらい渋い風合いが丁度良いと思う。






110120-2.jpg



« I Love to | Home | 椿一種 »

comments

ドライなのに枯れてない

うわ~、この絶妙な枯れ切れなさ具合がむちゃ好みですー
(この私が猫ネタ以外に食いつくとは・・・w)。
いい意味でノンシャランというか。

梅雨生まれの私は高校生の頃、
庭の紫陽花をドライフラワーにして、自室に飾っとりました。
母に「汚らしいし埃被って掃除しにくい」と嫌がられりして(笑)。

ちゃんとドライにしたら
こんなにいい感じな色合いになるんですね~(感動)。

ありがとうございますっ

ayaさん

猫以外でayaさんが釣れるとはっ!

紫陽花は割合ドライにするのが簡単だと思います。ほかの花でもそうなんですけども、綺麗にドライにするコツは、萎れていない、花のコンディションが良いうちに思い切って乾燥させてしまうことですね。

わたしはドライは好きなんです。葉脈が透けていく過程とか、花弁がだんだん退色していく姿を見ているのが好きみたいですね。なんていうか、化石とか貝殻とか動物の骨なんかと共通する、枯れゆく命の簡素な美しさがあると思うんです。

プリザーブド・フラワーは個人的に許せないんですけどね、意味わからん、趣味悪い!とか言って(笑)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。