スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Holiday Windows at Bergdorf's 2010-2011
Tue.04.01.2011 Posted in NY
110104-5.jpg




さて、この季節の毎年の恒例。


Bergdorfのホリデイ・ウィンドウでございます。



2010-2011のウィンドウのテーマは、"Wish You Were Here"。






110104-3.jpg


"Adventure"もキーワードになっていると思います。




テーマはたいへん、ロマンティックでございますが。



デコそのものは、相変わらず、One and Onlyの美意識の赴くままに。


突っ走っております。




羽の生えた馬(ペガサスじゃ)とか。



ワニとか。


110104-top.jpg



カマキリとか。


110104-2.jpg



ライオンに羊に。


角つきの馬頭に、アヒル(多分)の足と胴体の何か。


110104-1.jpg




この馬はなんじゃい、とかね。

そんな突っ込みは、無意味。



てか、意味とか関係ありませんから!









ひたすらゴージャス。


徹底してます。


日本人的な感覚からすると、悪趣味すれすれってところもあるかも。





わたしは、大好きです。


ここのWindowには、New Yorkの美意識と、物事へのスタンスというものが。




ほんとうに、よく出ている。





徹底しているというのは、見ていて清清しいのだ。




何事も。







アートにも、アーティストにも、潔さがないとあかん。




110104-7.jpg



去年のここのウィンドウのテーマは「不思議な国のアリス」で。

基調色も赤。


ですので、白とシルバーとブラック中心の今年のデコは、去年に比べると若干地味というか。


シックに見えるかもしれません。



アイテムの一つ一つは、ちっとも地味じゃございませんが。




110104-8.jpg



110104-6.jpg



アーティストなりクリエイターなりに、ちょっとでも迷いがあると。


その迷いは、必ず作品に反映される。





ものを作るにあたって、潔さやブレのなさってのは、非常に大事です。







そのことを、この街は、わたしに、いつも思い出させてくれる。



Bergdolf Goodmanのウィンドウも、その一つ。




« Holiday Windows at Van Cleef & Arpels 2010-2011 | Home | ■MOVIE■2010年に見た映画 »

comments

先日はありがとうございました。
クリスマスのニューヨークの話を聞きたかったのに、すっかり忘れてました・・・・っっ。
又ゆっくり聞かせてくださいね。

しかし、グッドマンのウィンドウは相変わらずですね。
でも、これだからこそ?!グッドマン!
私がニューヨークのクリスマスのウィンドウを見るようになってから、ずーっとこんな感じです。そして、見た事のある小物たちがいっぱいあります。使い回している小物は沢山ありますが、ゴージャスで、完成度の高い、このウィンドウにはいつも驚かされますね。

さきこさん

こちらこそ、先日はお会い出来て楽しかったです。
またいらしてくださいね♪

そうなんです、小物はかなり使いまわしています。
猿とか去年もいましたし、このペガサスも、扮装は違いましたけどいましたね。ワニは一昨年いたように思います。一昨年は海産物祭りでしたから、ここのウィンドウ。

ひとつひとつは限られたスペースなのに、この奥行き感はやはり、凄いと思うんですよね。あとはこの個性。この強烈な個性を受け入れる器が、この街にも人にもあるのだな、といつも思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。