スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Halloween Party@古民家mamas
Mon.01.11.2010 Posted in etc

101101-6.jpg



誠にありがたいことに、先週は。


毎日毎日、嬉しいオーダーをいただいて、わたくし。



たいへん、幸せでした。






結婚式に、個展にPartyにと。


人のお祝いの節目節目に、お手伝いをさせていただけるのが、この仕事の良いところ。



そしてまた、何にも代えがたい喜びを、わたしに与えてくれます。







花と一対一で向き合って、作り上げる過程では。




わたしは、基本的には一人きりで。



物言わぬ、けれども、饒舌に語りかけてくる植物たちと。




心で対話をしながら、作業をしています。






そうして、出来上がったものをお納めして。




歓声を聞いたり、人々の笑顔に立ち会ったり。



お手紙やメールで、喜びの言葉をいただいた瞬間。




それまでの、どんな苦労も、一瞬で報われます。






ああ、自分は、天職に巡り合えたな、と。






そのように、心の底から思うことのできる幸せを、日々、かみ締めております。




本当に、ありがとうございます!









101101-5.jpg





そんな中、昨日は。




もう何年も前から、一方的にお名前を存じ上げていた方と。



yさんを通じて、ご縁を結ばさせていただきました。






人の縁って、つくづく不思議で、有難い。







鈴木誠夫先生は、yさんの中学・高校時代の恩師であり。



世田谷区に広大な土地を所有される、地主さんでもあります。




お母様から相続された、歴史ある古民家を保存し、後世に残し。

また、有効に活用されるために、様々な活動を行っておられる。




詳しくは、yさんが、ご自身のブログで。


とても詳細かつ丁寧に、また愛情を込めて解説していらっしゃいますので。
是非こちらをご覧くださいませ。






わたしが先生のことを知ったのは、もう10年近く昔。



不動産を購入する際、候補のひとつとして、コーポラティブハウスを検討したのがきっかけでした。





今では、すっかりメジャーとなったこの住宅形態ですが。



鈴木先生の土地に建てられた環境共生型コーポラティブハウスと、隣接する敷地内に建つ古民家を利用した「松蔭コモンズ」プロジェクトは、それこそ。



その草分け的な存在だったんです。





日本にも、こんなに面白い共同住宅というものがあるんだ。


こんなクリエイティブな住宅プロジェクトを立ち上げる人が、この国にいるんだ、と。




当時のわたしは、目から鱗が落ちる思いで、様々な取材記事を読み漁ったものです。






残念ながら、ご縁がなくて、こちらに住むには至りませんでしたが。



鈴木先生のお名前は、そのころからずっと、わたしの脳裏の片隅に、いつもあったんです。





プロジェクトとしての「松蔭コモンズ」は先年、その役目を終えましたが。
現在は、「古民家mamas」と名を変えて。


鈴木先生の下、近隣の親子のためのスペースとして、期間限定で開放しておられます。





昨日は、この古民家で。



子どもたちのための、Halloween Partyが開催されたというわけ。



110101-4.jpg 101101-3.jpg
101101-2.jpg 101101-9.jpg



なにせ、古い日本家屋でございますから。



畳敷きの広々とした和室に、襖、ガラス戸に、板張りの廊下。


庭はあくまでも広く、木々に溢れ。



隠れ場所も、たくさんあるし。




50人はいるかと思われる子どもたちが、跳ね回ろうが走ろうが。


まだハイハイもできないような乳飲み子が、そのへんに転がっていようが、まったく問題がございません。




昔の家っていうのは、つくづく、懐が深いんだなァ。






やさぐれた大人であるところのわたしたちは、外のパラソルの下で、焚き火にあたり。

子どもたちが作ってくれた、タコ焼きやホットドッグなどをつまみに。



コップで日本酒などを啜りつつ。




それぞれの、思い思いに趣向を凝らした、ハロウィン・コスチュームを愛でながら。

秋の休日を、存分に楽しませていただいたのでした。




うーん、幸せ。





101101-1.jpg
個人的にこの日の仮装の一等賞。裸足の怪獣。中身は、まるさんの次男坊。

センダックの『かいじゅうたちのいるところ』そのまんま!
(yさん撮影)





Partyがお開きになった後は、やさぐれ女4人衆は、その勢いのまま鈴木先生の事務所を襲撃。



一部深夜まで(笑)、豚しゃぶや千枚漬けやら米のサラダやら。

かぼちゃの煮つけやら鯛焼きやら栗のコンポートやらをつまみに、怒涛の酒盛りへとなだれ込んだのでした。




101101-8.jpg




しかし。



さすがに先生は、女子校教諭として、ウン十年のキャリアがおありになるだけあり。

妙齢の美女たちによるセクハラ攻撃にも、余裕の笑顔で応えてくださるリーチの深さ。



渋い!


素敵!





おうちも近いし、なんたって居心地は良いし。



ペントハウスの屋上には、ナイスなジャグジーがあるし!
(入らなかったけど)




これからも、ぐいぐいと、押しかけさせていただこうと心中密かに決意した、日曜の宵でございました。






鈴木先生、yさん、M子さん、まるさん!


本当に、ありがとうございました!






素敵なご縁に、心から感謝いたします!



« Happy! | Home | Bouquet for Halloween »

comments

シックだわーーー

素敵なブログに感謝♪
私も、文中リンクさせていただきますっ

怪獣君との記念撮影も、ブレずにほっ。笑

もっと早く、会わせれば良かったと思いつつ
私とMARIさんの好みが段々似てきているような気がして
ならず、危機感が!!笑

コートを取りに行くのも、yurico心配っ!!なんちゃって

お花ありがとうございましたーーーーー

そう、秋のおだやかな日にふさわしい、幸せな時間でしたねー。
てか皆が楽しんでいる雰囲気って無条件にいいもんだね。連鎖というか。。笑顔になる♪
裸足の怪獣の後姿は、私もナンバー1でした笑!猫の後頭部とかもそうなんだけど、見てるだけで笑いがこみあげるの。かわいくて!
楽しかったね。(半分くらいはコーポラティブハウスに意識がいっておりましたが笑。あの木の引き戸に釘付け。。)
お花も古民家にぴったりでますます職人度が増してると思いましたーー^^

yuricoさん

怪獣写真、ありがとーーー!
隣のアホ面(=わたし)は、粛々とカットさせていただきました。。。(笑)

まさかゆりちゃんの恩師が「あの」鈴木さんとは、さすがのシックスセンスのわたくしも、想像もしてませんでした。
奇遇というか、人の縁って面白いよねぇ。いまさらだけど、つくづくそう思うなァ。
そもそもゆりちゃんと出会っていなかったら、鈴木先生ともお目にかかることはなかったかもしれないんだから、ゆりちゃんいはただただ感謝ですよ、ほんと。

でもって、わたしとゆりちゃんはアレですよ、たまたま大顔の男を愛してしまうという、そんな因果な趣味がありますけど(笑)、わたしは人のものには手を出しませんからっ!義理と人情の女だもの!
先生は、ゆりちゃんのものですっ

わたしは、ジャグジーに足だけ浸からせてもらえればそれで良いですっ(笑)

酔っ払いみいこさん

なになに、あの後センセーとピザ食べに行ったんだってーーー?聞いてないよーーー(笑)
てか、一体何時間飲んでるんっすか!

怪獣は、あのキンチョーのあまり硬直した表情とかがもうサイコーでしたね。
ママの傍に行った途端、「あ、笑うんだ?」みたいな。
子どもって面白いなァ。

コーポラっても、謳い文句とは裏腹で、実際はただの狭小長屋だったりとかね、そういう物件も多いですが、こちらはポリシーがあって素敵ですよね。本気で緑化してますもの。
内部にはビオトープなんかもあるんですよ。
それもこれも、隣の古民家があってのことって気がしますよね。

次は忘年会かな?いや、センセーんちで。
今度こそは、ジャグジーで水着で足湯で泡を!
(寒いだろうよ)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback

HAPPY HALLOWEEN♪@古民家mamas(ママス)

中学から6年間、いや、今も お世話になっている 大好きな鈴木誠夫先生♪ 今は、普通のおじさん(笑)でも 私には、先生なのだっ いやっ 普通じゃないっ 3時間、いいえ5時間は しゃべり続け、活動もとにかく パワフルッ!! 元気をもらえる先生に会いに 世田...


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。