スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
三輪山へ
Mon.04.10.2010 Posted in Travel(domestic)

101004-2.jpg




思い立ったが吉日とばかりに、奈良へ。






目的は、三輪山登頂。





日本で一番古い寺社の一つである、大神神社の御神山たる三輪山へは、神職の許可をいただけば入山できます。



山中での飲食は不可、撮影不可。
むろん、山中の草木・土・石の類は、一切採取不可。



神体山だから。



であるからこそ、ゆめゆめ登山などと思わず。

神様の御料地へお邪魔するという、謙虚な気持ちで入山するように、と。


神職からのアドバイスを受けまして。



もちろん、わたくしも、もとよりそのつもりで詣でましたけども。





いや、思いっきり登山でした。


神様は容赦ござらん。



きっつい!




無茶苦茶険しいんだもの!


ほとんど修行だもの!





よかったよ、(ちょっとだけ)登山仕様で出掛けて行って!





101004-1.jpg




でも、素晴らしかったです。




やはり、実際に行ってみて、我が身と我が目とこの手で体験しなくては。




何事もわからん。





「わかったような気になる」ことほど空埒無粋なことなど、この世の中にあるものか。






そんなわけで。




往復3時間余、山中での様々な素敵ハプニングについては、また別項にて。




« 大神神社 | Home | Oriental Curiosa »

comments

三輪山さまはお待ちになってました!

☆我が愛しのMARIさーんっ

とうとう、三輪山に登られたのですね。

ああ、わたくしときたら、この歳になるまで、
子供の頃から500回ほど(嘘)三輪さまに
お参りに行ってるにもかかわらず、
神様がほんとうにいらっしゃると言う、あの山は
未踏でございます。

聞くところによると、
1000回ほど登山しているおじいさまなどは
龍に会ったとか、神様をご覧になったとか、
思わず1000メートルほど海老のように
後ずさりしてしまうような(笑)エピソードも
耳にしますが、
やっぱし、頂上のエネルギーは
ハンパじゃないんですね。

しかし往復3時間。
わしは無理だ。

と思うことがすでに神様に呼ばれてないのかっ?!

MARIさんのこと、
ずっとお待ちになってたんですねー
と寄り目でお伝えしておこうっと(ひぃ)

いえ、マジ、
いつか近いうち、ゆりちゃんと3人で
三輪山さまに登りたいでございますー。

マダムッ!

ありがとうございます!
てのは、三輪行きにあたっては、先日マダムとメールでお話させていただいたときに、三輪さんの話をちょっとしたのと、その後マダムにいただいた素敵プレゼントに添えられていた笹百合の一筆箋。
あれらが、わたしの背中を押してくれたのです。

つまり、マダムにわが背中を押していただいたも同然!(鼻息)

で、今回三輪様に登頂してみた印象を一言で申上げるならば、「何この思いっきりアニミズム!」でした。
まるっと古代宗教の世界ですよ。
色々な意味で圧倒されました。

鬱蒼とほの暗い山中で、寄り目で祝詞をあげたりするスピな方々に遭遇したらどうしよう、怖いよー、後ずさるにも後ろは断崖絶壁だしー、などとビクビクしておりましたが、ダイジョウブでした(笑)

マダムとゆりちゃんと登りたい!
往復3時間ってのは、わたしがうろうろフラフラしてたからであって、さくさく進めば2時間で帰って来れます。
というか、3時間以上は山中にいてはいけない決まりなのです。

大丈夫です!
マダムのおみ足をお守りするために、いざとなったらわたしとゆりちゃんで、駕籠を担ぎますから!
是非、近々ご一緒してくださいませーーー

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。