スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
6月~7月に観た映画(メモ)
Mon.16.08.2010 Posted in Movie



っても、公私共にたいへん多忙ゆえ。

わざわざ書くほどは劇場に行けておりません。



でも一応、備忘録。









『アリス・イン・ワンダーランド』★★


ジョニー・デップがジョニー・デップである必然性が、ほぼ皆無であった。

その一方で、ヘレナ・ボナム=カーターが、わたしが今まで観た彼女の出演作の中では、一番良かった。


衣装が素晴らしい。
ボビン(ミシンのだ)を一杯つけたジョニー・デップとか、ハートの眼帯をした赤の女王の騎士とか。




『ザ・ウォーカー』★★


あかん、もう最初から最後まで、全然ノレず。
デンゼル様主演でここまでダメだったのは、初めて。


The Book=聖書ってのはともかく、いくらなんでも、イーライが実は盲目でしたってオチはどうなのよ?


デンゼル様は、ご父君が牧師で、若かりし頃は、ご本人も聖職を目指された時期があったという。
非常に敬虔なクリスチャンだそうな。


宗教ネタは、その宗教と距離があって、きちんと客観性を保てる人が作らんと(=演らんと)あかんと誰か言ってやれ。




『アイアンマン 2』★★★★


シリーズの1は未見。
が、ヒジョーに楽しんだ。

てか、ロバート・ダウニーの下睫毛を見ているだけで眼福。
彼の派手な顔に派手な演技、派手な映像に派手なキャストで、たいへん威勢が良く景気がよろしく、爽快。


ミッキー・ロークの使われ方は、ちょっともったいなかったような気もする。
ま、でもその分、サム・ロックウェルが、相変わらずナイスなチンピラ小悪党役で大活躍ってか。

イキイキと楽しそうだったのでOK。


スカーレット・ヨハンソンの、無駄なお色気露出っぷりに笑う。

彼女とまるで正反対な個性のグウィネス・パルトローが、二人揃って画面に登場するシーンは、なんかこう・・・。


色々な意味でハラハラドキドキ。






あれ?


ほんとにこれだけか??





何か忘れているような気もするので、思い出したらまた追加します。





« Tweefontem Herb Farm | Home | ■MOVIE■『インセプション』 ★★★ »

comments

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。