スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Viagara Falls
Sun.25.07.2010 Posted in @Theater


本日は、友人と連れ立ってオフの小劇場へ。




観たのはLittle Shubert Theaterで先日初日を迎えたばかりの新作プレイ。


その名も"Viagara Falls"。



って、どんなタイトルやねん!



てか、この芝居。

今回、特に観る予定はなかったんですが、一昨日。


長年Broadwayでメイクアップ・アーティストとして働いている友人T。
DCでの”Dreamgirls"のツアーがキャンセルになったために、たまたまNYにいたP。

そして、Pの娘で大学生のGと一緒に食事をしたときに、彼女らが。


まだ何観るか決めてないよ、わたしが言った途端。

その場で電話をかけて、さくっと手配してくれまして。


例によって、招待席で観せていただいたのでした。。。



とは言え、観る前は。


どぎついセクシュアル・コメディなんじゃないの?
いいよ、あたしにはまだ早いもん!


とかなんとか、タイトルにびびった小心者(=わたし)が、一人で大騒ぎして辞退しようとするのを。
まあ良いからとにかく観れ、と。


なかば強制連行。


仕方がなくちんまり席に座って、ドキドキしておったのでした。
(当然、アジア人なんざ一人もいない上に、どう見ても自分、最年少)



で。



ネタ的には確かにセクシュアルはセクシュアルでしたが、蓋を開けてみれば。


実にHeart Warming。

滋味溢れる、たいへん素敵な芝居でござった。。。



すみませんね!

タイトルだけで邪推して!




ちなみに、主役は76歳と77歳のじいさん。
そこに娼婦が1人。


3人芝居です。


演じているのは、ものすごく長い芸歴を持つ筋金入りのアクター。
うちお一人は、主演と脚本を兼ねておられました。


幕後に少しお話をしてきましたが、もうね。
バリバリ現役。

矍鑠としている、なんてもんじゃない。


何歳になっても、倦むことなく。
新しいチャレンジを続ける、役者魂に脱帽しました。

ほんと天晴。

すごいものです。



こういう人たちと接すると、ああ、自分もがんばらなきゃいけない。
こんなことをしている場合じゃないぞ、と。


インスパイアされるし、何より。

エネルギーを分けてもらえる。



誠にありがたいことです。



こうやって、知れば知るほどに。


NYの演劇界の層の厚さと、奥深さを。


体で学ばされる、今日この頃。






・・・やっぱり、わたしは。


きっと、ものすごくラッキーな人間なんだろうな。


« Falling in Love | Home | Bouquet for Summer »

comments

ラッキーガール♪

あやかりたいっ!!
すばらしい仲間がいれば
それでいいですよね♪

このタイトル、あの薬の名前だったんですね!!
はじめわからなかった。笑

元祖ラッキーガール♪のゆりちゃん

あなたこそ、わたしがいぬ間の日本で!
何ですかあのラブv-238なショットは!
ったくもう!おめでとう♪

素敵な仲間は、人生の宝物。
持つべきものは、女友達でございますですよ・・・。

そう、このタイトルはあの薬っす。
まぁでも、ピルそのものは、劇中では単なる小道具なんですけどね。でも70超えのじいさん二人に娼婦の話ってったら、想像つくでしょ?
劇場は、上品な善男善女で一杯でしたよ。

それよかわたしゃ、こんな芝居を見たことが、わがおやっさんにバレやしないかと、内心ビクビクビックルです。
(でも、どうせ筒抜け。ふ)

もともとね、”Niagara Falls ”から来てるんだってね。薬の命名そのものが。
わかるような、わからんような。。。
えらいセンスやメリケン人。。。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。