スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
武相荘
Sat.10.05.2008 Posted in Art
080511-top.jpg


鶴川の武相荘へ行って参りました。





こちらは、言わずと知れた、故白州次郎・正子氏の旧宅です。

080511.jpg



昔は、白州正子さんの凛とした文章が好きで。
学生の頃、彼女の名著・『隠れ里』を片手に、琵琶湖畔をうろうろ、とかね。

そんなことをしたりもしておりました。


もっとも、今は、どちらかというと。

白州正子さんご本人よりも、周辺の人物。
青山二郎とか、小林秀雄、それこそ夫君の白州次郎さんの方に、興味がありますけども。

080511-5.jpg



白州正子さんに関しては、お能や古典の話よりは、むしろ。
骨董や花にまつわる逸話の方が好きかな。

080511-2.jpg


武相荘は、戦前の関東の農家そのまんまの作りでね。
どちらかというと、大らかで、骨太な作りです。

印象としては、無骨と言ってもいいかも。

こういう旧い農家っていうのは、下手すると民藝調になりがちなところですが。
そこはさすがに住み手の、繊細な感性がね。

ただの「民藝」に堕ちることを許しておりませんね。


・・・ああ、誤解のないように申し添えておきますが。

わたしはね。

李朝の白磁や家具類も好きですし。
柳宗悦氏についても、高く評価しているんですよ。

でも、「民藝」ってのは、あまり性に合わないんです。
「民藝運動」にも興味がないです。

いやほら、田舎くさいものは苦手だからさ(笑)

080511-6.jpg


こちらは、何と言っても個人宅ですし。
出自が元華族様とはいえ、戦後は色々ご事情もおありになったのかな、とも思いますが。

お庭の方は、多分大分切り売りされておられるような気がします。

花関係の写真集で見られるような景色は、残念ながら一部にしか残っていません。


でも、素敵ですけどね。


080511-3.jpg


併設されたカフェは、納屋かお蔵かを改装したって雰囲気で。
梁が太く、天井が高く、大変落ち着きます。

コーヒーもとても美味しいです。


白州次郎氏と正子氏は、それぞれ非常に自立したご夫婦だったようで。
お互いに独立独歩型で、あまり一緒にいることもおありではなかったそうですがね。

でも、この家の住みこなし方を見ていると。
お二人は、感性の根っこの部分が共通だったんだろうな、と思いますよ。

同志として、ソウルメイトとしてつながっておられたんだろうな。
偕老同穴だったんだろうな、と。

そんなかんじがする。



規模が小さいですし。
骨董も個人蔵のものなので、センスは素晴らしいですが。

概ね、とても渋め。


わざわざ遠方から訪ねるような場所でもないとは思いますが。

でも、東京近郊に在住の方だったら、たまにね。

散歩がてら行ってみるのもいいのではないでしょうかね。

080511-1.jpg

« Droodが来たよ | Home | 椿にあらず »

comments

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。