スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
From India
Sun.28.03.2010 Posted in Art

100325.jpg


濃紺のストール。




上質なウール地に、気の遠くなるような。

微細な手刺繍でびっしりと、全体を縁取りされた。


この美しいストールは。


友人が、旅先のインドから持ち帰ってきて、プレゼントしてくれたもの。



かなりの大判で、わたしの体をすっぽり包んでしまうほどの大きさがある。




手触りは極上、滑らかで軽い。


軽くて、温かい。




豪華で繊細な刺繍をよく見たら、隅に。


小さな、ごく素朴な縫い取りがあって。


友人に、これは何?と聞いたら。



このストールの作者のサインだ、と教えてくれた。




嬉しかった。








修理に出していた腕時計を、5th Ave.にピックアップしに行ったときに。



ソファに腰掛けて、ふと顔を上げたら。


花をいけた大きな花器の後ろの鏡に、このストールを、首の周りに緩く巻いた。



自分の姿が目に入った。






・・・ああ。


彼女の友情のおかげで、自分の女っぷりは3倍増しだ、と。



わたしは一人、背筋を伸ばして悦に入った。



« The Addams Family | Home | Blue »

comments

私もこういうインド特有の柄が好きで、といってもいけてないデザインも多いのでこれぞというのにお目にかかるのはめったにないのですが、これはとってもすてき!!
ストールではないですが、これと似た(同じく勾玉のような絵が入ってる)感じの布をもっていてずっと大事にしてます。
シンプルな服にこういうストールを一枚巻いたらとてもおされでしょうね~。濃紺ってとこもいいね。宇宙の色だ♪

みいこさん

素敵でしょう?素敵なんですよ。
実物を今度見てください。ものすごく美しいですよ。

実は、友人は濃紺とベージュと、2色を買ってきてくれたんです。布の山から二枚までは選りすぐったんだけど、最後に残ったこの二枚はどちらも素敵で、どうしてもどちらか一つは選べなかった、だから、あなたが選んでくれって。
で、わたしにしては珍しく、一晩悩みました。それほど、両方とも美しかったんです。

綺麗なものを贈られるのは、嬉しいものですよね。
尊敬している友人からなら、なおさら。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。