スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
四月大歌舞伎
Sat.26.04.2008 Posted in 歌舞伎・落語

先週の月曜日のことですが。


歌舞伎座に行って参りましたよ。



本当は、昼夜連続での観劇予定だったんですけどね・・・。
浮世の義理やら何やら(仕事だ)がありまして。

夜の部だけを観てまいりました。


今月は、カード・・・もとい。
配役が素晴らしかったです。


仁左衛門、勘三郎、玉三郎ですよ。
わたしはこのお三方が揃ったら、他には何も望みません、ええ。


夜の部の演目は、「将軍江戸を去る」「勧進帳」「浮かれ心中」でございました。

このうち、わたしが初見なのは「浮かれ心中」のみ。

「将軍江戸を去る」は過去1,2回。
「勧進帳」はかれこれ十数回は観ていると思います。


三役揃い踏みは「勧進帳」です。
勘三郎の富樫、仁左衛門の弁慶、玉三郎の義経。

わたしは、勘三郎の弁慶と仁左衛門の富樫は結構観てるんですが。

思い出せる限りでは、仁左衛門の弁慶は、これが初めてだったような気がします。
(玉三郎の義経は、何度か観ております)

kabukiza.jpg


素晴らしかったです。

両雄の火花の散らし合いは、とてもスリリング。

弁慶は、とても体力の要る役なのでね。
仁左衛門さん大丈夫か、などと思わないこともなかったですが。


たいへん失礼いたしました。
杞憂でございました。


出の勇壮さから、引っ込みの飛び六法まで、堪能させていただきました。
さすが。

延年の舞も優雅で、かつ男らしく。
素敵でしたよ。

元々上背のある方ですが、大きく見えたなァ・・・。


勘三郎の富樫もよかったです。

「正体を知っていて、でも知らぬふりをして酒を酌み交わす男の友情」っていうのがね。
子どもの頃は、どうも今ひとつピンと来なくて。

あまりこの芝居は好きではなかったですが。

年をとったのか(笑)、「言わぬが花」みたいな渋さに、近頃はグッとくるようになりました。

言いたくても口に出来ないことって、結構あるものね。
世の中にしても、人間関係にしても、さ。


「浮かれ心中」では、厳粛な富樫役から一転。
勘三郎のコミカルな持ち味が爆発。

戯作者になりたくてしょうがない、大店のアホぼん・栄次郎を、それはそれはもう。
心から楽しそうに演じておいででした。

観ているだけでうれしくなる。
勘三郎はそんな役者。

芝居が心から好き、舞台に立てて嬉しい!っていう。
彼の、その幸福感と高揚がね。

客先をも、幸せで一杯にしてくれるんですね。


本当に、素晴らしい役者だと思います。


お話そのものは、阿呆な世話物なんですけども。

籠釣瓶をパロっていたり、宙乗りならぬ「ちゅう乗り」が用意されていたり。
歌舞伎好きにはたまらん、楽しい作品でございました。


ああ、楽しかった。



・・・そういや、今、ふと思い出しましたが。

去年の7月のNY・平成中村座公演の観劇記を、結局。
放っておりますね・・・。


・・・どうしようか。
(どうしようも)

« Life and Something | Home | Bounce for Fall  »

comments

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。