スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Wreath of Xerographica
Mon.07.12.2009 Posted in flowers


091208-3.jpg



キセログラフィカのリース。



 

キセログラフィカ
リューカデンドロン
シナモン
コットン
椎の実
松毬
椿の実
ナツメグ



091208-5.jpg



キセログラフィカは、わたしの愛するエア・プランツの一種です。
エア・プランツの中では、一番大きな品種かな。

これを、リボンに見立てて、リースを作ってみた。




すべてドライ。
もしくは、ドライになる素材です。


091208-1.jpg



キセログラフィカの何が好きって、この質感と。
造形的な面白さかな。


グラフィカルでしょう。

ものすごく。



カールした葉を上手に使うと、流れや勢いが効果的に出せる。


多分、それが好きなんだろうと思います。



秋の実物をたくさん使いました。
すべて、天然素材。




特に、クリスマス用というわけではありません。




ですが、光り物を少し加えれば。

ホリデイのためのリースとしても、十分、いけるかと思います。



091208-4.jpg



« Kちゃんの野菜 | Home | 帝劇へ »

comments

セントラル・パークが恋しくなるリース

キセログラフィカってどんな植物かと思ったら、
最近よく見かけるこのお方のことだったのですね。
リボンに見立てるというアイディアが素敵です。

松ぼっくりやしいの実などありふれた身近な素材も、
MARIさんマジックにかかるとニューヨーク帰りみたいな
雰囲気になりますね。

ありがとうございます!

メガヒヨさん

「セントラル・パークが恋しくなる」だなんて、なんてうれしいことを言ってくださるんでしょう!
わたしにとっては、何よりの賛辞です。ありがとうございます。

生花のリースと違って、ドライ系のリースは工作的な面白さがあるんです。極端なことを言えば、やってはいけないことってのがないんですね。
自分で面白いと思ったことは、何でも試せば良いんですよ。

次は、エアプランツと苔だけで、冬のリースを作ってみようと思っています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。