スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
If
Sun.13.09.2009 Posted in etc

わたくしの苦手なもの。


それは、「たら」「れば」。




鱈とレバーじゃないですよ。
(どこのオヤジだ)




「もし、あのとき~だったら」
とか。

「もし、~できていれば」

的な思考のことを言っているの。



つまり。



過ぎたことをうだうだと考えてみたところで仕方があるまい。



と思うからです。



そのときはそうしかできなかったから、そうした。

あるいは、それが、そのときの自分の「選択」だったってことだろう。



そのことを、ぐるぐるといつまでも後悔してみても始まらん。

思考の空転は、時間の無駄でございます。



「反省」ならば良いですけども。




さァ、ならば。

次はどうしよう?
何をしてみようかって考える方が、ずっと建設的だと思うし。

そのための一手を、実際に打って行くのって、こう。


実に、燃えると思うんですけどもね。



少なくとも、そっちの方が断然、わたしの好みです。



無論、どっちを選ぼうと自由だ。

どう生きても、自分の人生なわけだしさ。




精一杯やるだけやって、それでもうまく行かないことって、世の中には結構あります。

結構てか、しょっちゅうあります。


不可抗力って言葉もあるしさ。



でも、全力を尽くして、それでもトチった、コケた。

あるいはヘタを打ったってんであれば。


そうそう悔やむことなんざ、ないと思うよ?




ってのは、わたしがまだ。


人生経験の浅い。


卵のカラが尻についているようなヒヨコだからこそ、の思考か?


これが、若者の驕りってやつなんでしょうかね?




わたしは、決してそうは思わないんですけどもね。





人生は、常に。

選択の連続だ。



そんなことはない。

自分には選択する余地がない、と仰る方もいらっしゃるだろうとは思う。


その方にとってはきっと、そうなんだろうと思います。


確かに、そうかもしれません。




でも、個人的には。


それは、単に。


あなたが、ご自分の選択を、他人に委ねておられるだけなんじゃないですか?と。


わたしは思う。





選択をする権利を、人任せにするなんざ。


自分で自分の首を、斬頭台の上に載せる行為と同義だ。





問題は、できるかできないか、でなく。


やるかやらないか、ってことだ。



大事なのは、そこだろう。




人間ってのは、存外、強くできているものですよ。





言い訳無用。


No Excuse.



Just Do It.


« ■MOVIE■『ウルヴァリン/X-MEN ZERO 』★ | Home | Je pense, donc je suis »

comments

そうですよね!

お久しぶり&ご無沙汰してます。まだまだこういう言葉に強く反応してしまう時期の中にいます(笑)ので、ちょっと静かにしていますが、ブログはいつも読んでいますよ~!どんどん芯が幹のように強く、太く高く育っているようなMARIさんを見てると、「おっしゃあ!こっちもいったるでえ!」と思います。
    
相変わらずのオヤジ趣味も良い味出してますねえ、とうとうとオヤジのよさを謳い上げる姿にもホレボレ+苦笑です。

本当に、いろいろ落ち着いたら(←もうかなりタイミングも何も悪いというか、忘れてるって!!)メール書きまっせ!とりあえず、ご挨拶まで。

そうなんですよ!

ねこまるさん

こちらこそ、お久しぶり&ご無沙汰です!
いつもねこまるさんのことを考えていますよ。お元気にしておられるかな、と。
メールのことも、ねこまるさんが忘れたって、このわたしは忘れません!いつまでもお待ちしております(笑)
だってね、ねこまるさんのお手紙やお言葉が、どれだけわたしの助けになってくださったことか・・・。
感謝しているんですよ、本当に。

わたしのオヤジ好きはきっともう、一生このまま行くような気がしてきています・・・。
燻して焦がして叩いて伸ばして、そのまんま冷暗所で10年寝かせたようなオヤジの魅力に抗うのは、わたしにはもはや不可能。
生涯かけて、素敵オヤジを称え続ける所存でございますので!
ねこまるさんには、ここは是非ひとつ、同志として!
今後とも末永くお付き合いいただけますように、何卒よろしくお願いいたします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。