スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Final
Sat.01.08.2009 Posted in @Theater


090801-top.jpg



その日の楽屋は、彼の家族と親戚。

そして、ごくわずかの。


彼の古くからの友人たちだけが、訪れた。






彼らしく、穏やかで慎ましく。


やさしく、温かい雰囲気で。


彼をよく知る皆が、彼の周囲に集って、静かに微笑んでいた。




彼自身も、とても寛いで。


充実感と、幸せに溢れていた。





Finalの夜は。

劇場が、ステージの後に。


彼のために、Partyを用意していた。




すべてが終わるのは、一体、何時になるかわからない。
おそらく、夜半。

1時は回るだろう。




長い一日が終わって、彼は疲れていて。


そして、おそらく、バックステージ・ドアでは大勢の方々がお待ちになっていらっしゃることだろう。



二人でゆっくり話せるかどうか。





スタッフは、Partyにもおいで、と言ってくれていた。



けれど、そこはやはり。

長年、彼と一緒に仕事をしてきた仲間たちのための場だろうと。


わたしは思った。





だから。


その前に会えるように。



彼はわたしを、彼の部屋へ招んでくれたのだった。



090801-1.jpg



ああ。



わたしは今までに何度、こうして。


この部屋を、訪れたことだろう。








用意した中で、最も美しい。
そして、一番優しい色の。



アプリコット・カラーの、大輪の薔薇を一輪。


手に携えて。



わたしは、彼の元へ行った。




彼は、わたしの名前を呼んで。


下から両手で、わたしの両手をとって。


強く握りしめて。



そのまま、長いこと離さなかった。





話している間中、ずっとそのままで。


わたしが、思わず、手に力を込めると、それ以上の力で、しっかりと。


わたしの体を支えるように。



握り返してくれるのだった。




嬉しかった。





わたしの胸は、言葉にならない想いで一杯だった。






彼は、わかっているよ、と微笑んで。




わたしの目を見て、頷いていた。





090801-2.jpg





« For her | Home | Stem »

comments

MARIさんもお疲れさまでした~。でもこれからまた新しい何かが始まるのですよね^^
私もピンクの薔薇は大好きなのですけど、今回のベビーピンクのは本当に優しさに溢れた色で、見てるだけで心が温かくなるような気がしました。花はどれも美しいけど、(あらためていうほどのことじゃないけど)やっぱり薔薇は特別な花ですね。

みいこさん

ありがとうございます!

わたしは今、やり遂げたって充実感で一杯なんです。
わたしの持てる力を全力投球して、最後まで走り抜けることができたことに、ただただ感謝しています。

沢山の友人と家族に支えられたおかげです。
彼らに背中を押されて、わたしは彼を、精一杯サポートすることができました。
そして、彼に支えられてここまできました。

ただただ感謝です。
本当にありがたいんです。

この淡いピンクの大輪の薔薇、とっても美しいですね♡

いつも思います。
MARI様とこの方はすごく強い絆で結ばれていらっしゃるなって。
お互いに信頼し、支え合い、尊敬し合っている。
本当に羨ましいです☆
MARI様もおっしゃってましたが、
そういう人に出会えるとうのは本当に幸せな事ですね☆
これからもまた全身全霊で支えていかれることでしょう。
あぁ、私もMARI様のように誰かを精一杯サポートできるような
器の大きい人間になれるよう頑張ります!

MARIさん、最高のゴールを見届けられたのですね。
美しい花々と一緒に。
あのお方も役者冥利につきるでしょうね。

以前にかの方のファントムを観たとき、あまりにも正統で純血を守っていて、
全く奇をてらってないと思いました。
当時私も若かったので、少々淡白に感じてしまいました。
でも今から思うと、そのファントムという役への誠実な演技は
確実な技術力の裏付けがないと出来ないし、一切のごまかしが無いものだったんですよね。

また観たいと思いつつ、なかなか叶わなかったので、今後のお仕事に期待しています。

sawasmileさん

初めまして。Sweetなコメントをありがとうございます。
とても嬉しいです。

あっという間の数年間でした。
実はわたし、今回も色々しでかしておりますし、過去にも色々やらかしているんです。
そりゃあもう、山ほどのドジやトチリを!

そのたびに彼や、彼の周辺の方々、そしてもちろんわたし自身の友人にも迷惑を掛け倒しました。それでも彼らはいつも辛抱強くわたしを見守り、ここぞというときは支え、フォローしてくれました。

わたしにとっては、本当にチャレンジングな数年間だったと思います。 よくやりました。

彼がわたしに教えてくれたことは沢山ありますが、中でも特に大きいのは、自分を正直に見つめることと。

集中すること。

それに、今自分の目の前にあることを言い訳なしで全力でやり遂げろ、Just do itっていうことです、多分。
彼自身の生き方であり、哲学ですね。

もしもわたしの器が大きいとすれば、それはかなりの部分が彼のおかげです。
あの人があって、今のわたしが存在すると思っています。
本当に感謝しています。

メガヒヨさん

ありがとうございます。
そう、最高のゴールだったと思います。

最終公演のことはいつか書こうと思っていますが、彼の10年間の集大成でしたよ。素晴らしかった。G・R・アンドリュースによるスピーチも実に人間味溢れる滋味深いもので、たいへん素敵でした。
最後の最後で、わたしは涙が出ました。もう嬉しくって。

仰るとおり、ハワードは正統派です。それはこの役に限ったことではなくて、何を演じてもそうです。
あの真っ直ぐさ、自他への率直さと誠実は彼の個性ですね。
わたしは彼のそういうところが何よりも好きで、本当に大好きで、好きだ好きだと言い続けているうちに、いつの間にやらこんなところまで来てしまいました。最初の頃は、 まさかこんなことになるとはね。自分でも驚いています。

さらに、わたしにとってはここからがスタートなんです。
ワクワクしますよ。
自分は本当にラッキーな人間だな、と思います。

大切にされていいますな~

感動しましたっ!!
お疲れ様でしたっ
ほんと、じーーんと来ちゃったな~

おもしろいおっさんみたいなことを聞いていても
やっぱり紳士だーーーー

素敵な出会いに乾杯♪

そして、これからもまた楽しみにしておりますっ

yuriちゃん

ありがとぉぉぉ!

ハワードの紳士っぷりときたら無敵です。
ジョージは「彼は外側だけでなく心の内も美しい、本当に稀有な人だ」と言っていましたが、わたしもそう思います。
って、大体人間の内面って顔に出ますよね。
だから年をとればとるほど、美しい人はより美しくなっていくものだとわたしは思います。

これからも、わたしはずっと、彼の後をよちよち歩きでついていくと思います。
・・・母を慕う雛鳥の心意気で!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。