スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
芍薬五種
Fri.29.05.2009 Posted in flowers

090528-top.jpg

白、ラテンドール。
淡桃、サラベル。


真紅は楊貴妃。



090528-1.jpg



芍薬は、わたしの一番好きな花。


5月は芍薬が盛りなので、できうる限り芍薬を活けます。



大好きなんだもの。


090528-5.jpg


090528-3.jpg





幾重にも重なる繊細な花弁も、白から赤、バーガンディーやアプリコットの深くて上品な色も、濃い緑の葉も、少しカンファー系の香りも。

固い蕾の初々しさも。
盛りの花の溢れんばかりの豪華さも。

散り際の潔さも好き。


こんなに美しい花が世の中にあるだろうか、と。

活けるたびに惚れ惚れする。


090528-6.jpg




たしかに牡丹と似ている、でも、わたしは牡丹はどちらかというと男性的な花だと思う。

牡丹の地植えの姿は、ほとんど潅木に近い。
つまりどちらかというと、牡丹は、樹木のイメージ。


その点、芍薬は、あくまでも、草花。
どこまでもフェミニン。

女性的な、優しい花だ。


090528-4.jpg



日本で活けると、同じ花を使っても、やはりどこか東洋的な雰囲気に仕上がるように思う。

作るわたしの、心の差かな。


それとも、脇に使ったびよう柳(美女柳)と蓮華つつじが、オリエンタルなテイストの花だからかな。




090528-2.jpg



わたしは芍薬の花を愛している。


いつも芍薬のように美しく、潔く生きていきたいと思う。



女だからね。






Sさん、ご出産おめでとうございます。

5月に生まれた女の子にふさわしい素敵な名前の赤ちゃんに。


わたしから、この花を捧げます。


おめでとう。



« 『Exit the King』 | Home | 曲線と直線 »

comments

そうそう、こないだ電車の中刷りで見つけてMARIさんにお知らせしなきゃと思ってました。(ちょっと遠いですが)
「つくば牡丹園」
http://www.tsukubota.jp/event/spring.html
ご存知かもですが、なかなか素敵そうなとこですよ。
芍薬って、なんとなくは知ってたけどこうやってあらためて見せていただくと、幾重にも重なる花弁とこのなんともいえない柔らかい質感が私も好きだな~。
追伸。Cどうもありがとう。やっぱW製いいです^^(でかいけど笑)

☆MARIさまっ

はじめまして!
そして我がブログへのうれしいコメント、
ありがとうございましたっ!
MARIさんのブログは、もう随分前から、拝見しているんですよ~。
特にTheaterのところは、まるで自分がそこに
いるかのように、どきどきしながら、ときめきながら、
過去記事までしっかり熟読させていただきましたっ!

Hさまとの数々のうらやましすぎるエピソードには、
涙し、感動し、素敵なドラマをひとつ見せていただいたような気持ちになりました!

yuriちゃんのお陰で、MARIさんとこうして、お知り合いになれて、とってもうれしいです!
どうぞこれからもよろしくお願いいたしますっ!!

みいこさん

わたしゃあ、小林秀雄じゃないですけども、「美しい花はある。花の美しさというものはない」派でね。どんな花でも好きです。
どの花もそれぞれの美しさがあって、それを生かしてこそナンボと思う。

でも、芍薬だけはね、ちょっと別ですね。
特別扱いです。

つくば・・・って遠いよ!(笑)
上野の牡丹園より規模が大きいのかしら。だったら一度行かなきゃですね。

マダム松澤様

ようこそこんな辺境の地までお越しくださいました。
yuricoさんから、以前のブログからご覧になっていたと聞いて冷や汗でした(笑)
こちらこそ、M氏関係の記事では深く深く深く頷き、涙し、共感しつついつも読ませていただいておりました~(涙)

Hのおっさんとは、なんだかわけのわからん深い縁があるようで、今まで実に色々なことがありました。
無我夢中で突き進んできたら、いつの間にか仲良くなっていて、結果、今では彼は、わたしの大切な友人です。
ちっとも色気のない関係ですが、わたしは心から彼を愛し、尊敬しています。
ので、本人はたいへん幸せです。

今後ともよろしくお願いいたします!
東京か神戸かNYからロンドンあたりで是非(笑)、いつか!お目にかかりたいものです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。