スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
vision
Fri.24.04.2009 Posted in NY

090424-3.jpg


去年の12月。

初めて会った彼女は、友人の古くからの親友で、本業は画家。

ミシガンの牧場で沢山の馬の世話をしながら、大学で教鞭をとっているという人だった。




友人の家で彼女と、ワインを片手に。
夜更けまで、色々な話をした。


彼女の愛する馬のこと、家族のこと、仕事のこと、学生に画を教えること。
生きるということ、愛するということ。

自分を表現するということ。


自分を恐れてはいけない。
自分の内面を見据えて、それを表現していくということは、確かに孤独で。

とてもハードな作業だ。

見たくないことも、時には見ざるを得ない。

とても難しい。


けれども、アーティストにとってはそれが仕事であり、それこそが生きるということだ。
だから、恐れてはいけない、と。


彼女は語ってくれた。


090424-2.jpg



わたしは人一倍感情が強い上に、どちらかというとエネルギー過多で。
さらには、極太じゃないか?っていうくらい図太い神経と、感覚的に異様に鋭敏なところをもった、たいへん極端な人間で。

そんな自分を持て余すことも、実は、結構多い。


でも多分、これはこれで良いんだろう、と。

最近は思っています。



自他に厳しいと言われることがあるけど、自分では決してそうは思わないし、そういうつもりもない。

そうでなければ出来ないことがあるから、結果的にそうなってしまう、あるいは。

傍からは、そのように見えるんだろう。


わたしには、尽きせぬ望みがある。

それは突き詰めてみたら、つまり。


愛する人々をもっと幸せにしたい、というだけのことだと思う。


090424.jpg


今週末から、目標に向けて、具体的に活動を始めることになった。


どうなるかわからない。
自分がそちらの方向に本格的に進んでいくかどうかを含めて、まだはっきり決めているわけではない。



・・・けど、わたしには、漸く自分の将来が見えたように思ったのだ。


何よりそれが、わたしの心が望んでいることだから。


« ■MOVIE■『ミルク』 ★★★★☆ | Home | 花もの »

comments

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。