スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■MOVIE■『アンダーワールド:ビギンズ』 ★★★★★★★★★★
Thu.19.03.2009 Posted in Movie

underworld_poster.jpg


長老ヴィクター(ビル・ナイ)が率いるヴァンパイア族は、狼男族と人間を交配させた新たな種族・ライカンを自分たちの護衛役とし、また奴隷として厳しく支配していた。

ライカンの始祖であるルシアン(マイケル・シーン)は、ヴィクターの娘・ソーニャ(ローナ・ミトラ)と密かに恋に落ちるのだが・・・。



監督は、前2作のレン・ワイズマンからパトリック・タトポロスにバトンタッチ。
ヒロインもケイト・ベッキンセールからローナ・ミトラにチェンジしての、吸血鬼(バンパイア)族と狼男(ライカン)族の戦いを描いた「アンダーワールド」シリーズ、第3作。



と!



とととととととととと・・・



殿!!!!(滂沱)



前2作を観る度に。

「主役は殿だ殿だ殿だ文句あるかボケっ!」などと。
誰も聞いちゃいない中、一人で、さんざんっぱら。

ひたすら喚き続けてきた甲斐がありました・・・。


だって、本作に関しては!


主役は。


名実共に、わが殿だもの!!
(号泣)



あ、マイケル・シーンも主役だけどね。
いいの、わたしはマイケル・シーンも好きだから。


わたくし大の苦手のケイト・ベッキンセールが退いた上に、近年のアクション活劇では随一の!

華の無さが、ある意味衝撃的ですらあったスコット・スピードマンは、その影も形も。
痕跡も。

匂いすら跡形もなく。



出てくるのは、


殿、マイケル・シーン、殿・殿・殿・マイケル、時々ローナ・ミトラ。


みたいな。
(いやほんとに)



ああ、もう!

わたくしは、銀座のガラ空きの映画館で。


殿が血を啜る度に身悶え。

殿が長剣を抜く度に胸の前で両手を揉み合わせ。


クライマックスで、殿がご老体に鞭打ち!

ワイヤーアクションに果敢に挑戦されるにいたっては、もはや。


シートから体半分が完全に浮いている。



・・・ような状態でございました。


誰か助けて!



ああ、なんて麗しいの。
こんなに綺麗なおっさんを、2時間余フル・スクリーン!


めくるめくアップの連続!


これを幸せと言わずして何と言う!


神様ありがとう!!


生きててよかった!


under.jpg


あ、お話としては、相も変わらず、ヒジョーに他愛もないものです。
てか、これ、無邪気かつ至極素直にして単純明快な "ロミオとジュリエット" ものですよ。


でも、ジュリエットはともかくね。
ロミオはマイケル・シーンだからね!

そんでもって、ジュリエットの父親が殿だもの!!


なんて美味しいの!


殿は、冷酷非道なヴァンパイアにして、一族の最長老。
最強にして最凶たる長・ヴィクターを、のびのびと。

余裕綽々で演じていらっしゃいます。

憎いです。


つか、ものすごい格好いいです。
何、この素敵すぎる台詞回し。

この大芝居っぷり。


演技としては、殿の役作りって割合古典的な「吸血鬼芝居」なんですが。

それがなぜ、これほどまでに深い陰影と悲しみと。
ついでに、「おかしみ」さえをも醸し出すのか。

さすが、わたくしが惚れぬいた役者です。
素晴らしい。


姿についても非の打ち所なし。


何せわが殿におかれましては、手足が長く、かつ痩躯。
無駄な肉が何処にもついていらっしゃらない上に、たいへんな長身でいらっしゃいます。

だからね。


こなすんですよ、マントとか甲冑とか長剣とか長髪とかローブとか!


ずるい!!


under2.jpg


とにかく。

今回は主役の両雄が、ごっつ渋いので。
前作までのゴシックSF・ロマンチコ風味とは、かなり趣きを異にしております。

ヒロインも、線の細いベッキンセールを降ろして、より古典的な、なんていうか。
無骨な肉体派を持ってきているのでね。

そこはかとなく。


「これはアレか?
『スパルタカス』」の吸血鬼版か?」



ってな雰囲気に仕上がっています。

でも、少なくとも、あのわけのわからん2作目よりは。

500万倍は、よくできてまっせ。




とにもかくにも、最初から最後まで、わが殿の魅力爆発です。

アンダーワールド・シリーズとしては、そこも含めて、ちょっと評価が分かれるところのような気がしますが。


そんなこと関係あるかい!




世界中の、怪優ビル・ナイ・ファンに、わたくし。



胸を張って、力の限り大声で。


全力で、オススメいたします。



3食抜いても観とけ!!




観て、お願い!


« めじろがきた | Home | In the morning »

comments

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。