スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Anything for you
Sat.14.03.2009 Posted in NY

090315-17.jpg


気がついたら、いつのまにか。

何処の町にいても必ず、花屋に立ち寄るのが習慣になっていた。





ショップだけでなく、花市場に足を伸ばすこともある。
その土地に植物園があれば、必ず訪れる。


花が好きなのだ。



090315-11.jpg



わたしがブーケを作るようになったのは、3年前の冬のこと。


そのときまでは、わたしにとってブーケは、プロに依頼するものだった。
自分で作るなんて、考えたこともなかった。



「自分で作ってみたら?」


あるときそう言って、友人が。
右も左もわからないわたしに、手取り足取り教えてくれた。


花の選び方、色の取り合わせ。
リボンの選択。


どうやって演出したら粋に見えるか。


090315-18.jpg


楽しかった。


自分の作ったものが、愛する人を、こんなにも喜ばせることができる。
これほど幸せなことが、ほかにあるだろうか?



その幸福感を、自分が長い間忘れてしまっていたことに気づいた。



世の中には、こんなにも楽しいことがある。
こんなにも美しいもので溢れている。



わたしには、この美しい世界と、自分と。


愛する人々をつなげる術がある。




090315-12.jpg


言葉を扱うプロである筈のわたしは、にも関わらず。
人の口から発せられる言葉を、根本的には、あまり信用していないところがある。


人の本当の気持ちは、言葉ではなく。
その行動に表れると思っている。


言葉そのものには、殆ど意味がない。







誰かを愛するということはすなわち、その人のために何かを成し遂げていくことだ、と。

わたしは思っている。




そこまでできないと言うのなら、それは愛ではない。

似て非なる、ほかの何かだ。



090315-13.jpg


あなたのことを愛している。
あなたのことを想っている。

あなたのことが大切だ。



その気持ちを伝えるために、わたしは花を作る。



090315-16.jpg



自分にできることをする。

ただそれだけのために、わたしは海を超える。




なぜなら、それがわたしの幸せだから。



090315-6.jpg


« In the evening | Home | The other day »

comments

3枚目のお店は・・・

LESとノリータの間ぐらいにあるお店では?
違うかな。。。

素敵な詩のような日記。。。
相手がわかった今、その人を思いうかべながら
読んでますよー

yuricoさん

ありがとう・・・(ポッ)

3枚目の店は、ブルックリンの、パークスロープにある花屋です。
花と雑貨を置いているお店でね、とても素敵よ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。