スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Brooklyn Botanic Gardens
Thu.12.03.2009 Posted in NY

bbg1.jpg

ここ、Brooklyn Botanic Gardensは。

NY中で、わたしが最も好きな場所のひとつ。



bbg6.jpg

bbg7.jpg

ライラック、藤、野ばら。


桜の時期が有名ですが。
四季折々、いつ来ても良い。


適度に整備された木々が葉を広げるその木陰を。
濃く茂った植物の間を縫うように、花を愛する人々が、静かに歩いている。


牡丹の季節も素敵。

この花の豪華さには、少し日が翳っているくらいの方がしっくりくる。



5月のある日。

そぼ降る雨の中出会った、牡丹の群生は、本当に美しかった。

植物園の小道を折れて、色鮮やかな大輪の花が目の前に現れた瞬間、息を飲んだ。

そんなにたくさんの牡丹を一度に見たのは、多分。
生まれて初めてだったと思う。


言葉を失って、ただ黙って。

その怖いくらいに綺麗な花々を眺めていた。


それはもう、まるで。

白日夢の中に迷い込んだようだった。



bbg5.jpg



bbg4.jpg


bbg9.jpg


bgg10.jpg


bbg3.jpg


bbg2.jpg





日本人にとって、牡丹と芍薬は似て非なる花ですが。

こちらの人は、両方ともPeonyと呼んで、特に区別はしていないらしい。




bbg8.jpg


芍薬とクリスマスローズ、ビバーナムで作ったブーケ。
初めてわたしが、彼に贈った花束。



今から3年前のこと。



あの日を境に、わたしの人生は多分。

大きく変わったんだろうと思います。



そのときは気づいていなかったけれど。



bgg9.jpg



人の心は不思議だ。

ある出来事をきっかけにして、見慣れた筈の風景が、がらりとその様相を変える。


花の色、陽の光、翠の輝き。
空の青さ、ほとばしる水、光に透ける指先の血管の淡い血の色まで。


この目に映るすべてが、それまでとは全く違うものになることがある。



Everything changed when I met you
You've changed my life somehow
Everything changed when I met you
I find I walk in technicolor now



わたしの世界は、あの時を境に変化した。



鮮やかな原色から、よりニュアンスのある色彩へ。



« One Day | Home | フローラル・ノート »

comments

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。