スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フローラル・ノート
Wed.11.03.2009 Posted in flowers
090310-top.jpg

フリージア、水仙、玉羊歯。


久々に草花を活ける。


ここ最近、枝ものを中心に活けることが多かったもので。
なんだか、フリージアの、くねくねと華奢な茎が新鮮でね。


それで、その曲線をできるだけ生かして、野原に草がたなびくように活けてみました。

090310-3.jpg

ピンク色のフリージアって、珍しくないですか?
黄色や白はよく見ますけども。

090310-5.jpg

白一色の水仙は、小さなラウンド・ブーケのように組んで根締めに。


活けている間中、水仙とフリージアの、甘くて爽やかな香りが漂っていました。
わたしはこの香りがとても好き。

わたしの愛用のフレグランスは、もう長年、『ANTONIA'S FLOWERS』なんですけどね。
アントニアズの主成分が、まさにこれ。

フリージアの香りです。


イースト・ハンプトンのフラワーショップを経営していたアントニアが作ったフローラル・ブーケは、まんま花の香り。

フリージア、すずらん、マグノリア、百合、ジャスミン。
両手一杯のブーケを抱えたときに、胸元から香りたつ、花々の芳香をとじこめたような。

そんな、とても素敵なフレグランスです。


やさしく、淡く、そしてとても控え目な香りが、いかにもフローリストの作品。

花を愛する人が、花を愛する女性のために作った香りだな、と思います。


090310-1.jpg

« Brooklyn Botanic Gardens | Home | Le Pain Quotidien »

comments

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。