スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
雨水も過ぎて
Wed.25.02.2009 Posted in flowers

090225-4.jpg


古来より、雨水の日に雛を飾ると。
良縁に恵まれると申しますね。


今年は雨水は、確か、19日だったのかな?




もうすぐ雛の節句だもの。
花も雛らしく、女の子らしくがいいよね。

桃、水仙。雪柳。
ピンク、黄色、白。

この色の取り合わせって、本当に、娘らしくて可愛い。
春と、女の子の色だと思います。



090225top.jpg


桃の枝が大ぶりであまりに見事なので。
思わず、投げ入れも活ける。


太い枝なので、安定させるのが難しい。
枝を一本切り出して、花止めを作りました。

090225-2.jpg

雪柳は投げ入れの方へ。
若い真っ直ぐな枝でしたが、花器に綺麗に添うように、枝を手でしならせてあります。

根元に水仙の葉を、こちらも葉を曲げ入れて、変化をつけてみた。


水盤は浅葱色を選ぶ。
浅葱はわたしにとっては芝居の色。

浅葱幕ね。


そして春の色。


090225-3.jpg



水仙は花と枝に分けて、花のほうには袴を履かせる。
花の根元の葉は、ハートの形に。

なんてったって、雛の花。
このくらいラブリーで良いでしょ。


花を触っていると、本当に楽しい。
心が躍ってくるの。



090225-1.jpg


今日の花は、小さな娘だった頃のわたしに。
そして、かつて小さな女の子だった、すべての女性に捧げます。



わたしの愛する皆に、幸多かれ。


これから、良いことばっかりよ。



090225-5.jpg

« 旅の供 | Home | Oscar in 2009 »

comments

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。