スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
歌留多
Sun.25.01.2009 Posted in 茶道

090125.jpg

歌留多で遊ぶ。

百人一首。



熱しやすく冷めやすいわたくしが、長年。
茶道をなんとかかんとか続けて来れているのは、なんといっても。

良い師匠に巡りあえたおかげだと思う。


稽古の時はとても厳しいし。
なにせ、生粋の京女であられるので、柔らかい言葉の中にも時々、こちらがドキリとするようなことをさりげな~く仰るようなところもあるけれども。

とにかく、お芝居がお好きで、映画が好き。
旅行が好き、音楽が好き、遊ぶのが大好き。
絵が好き、本が好きで、芸事に生きてきたお方で。

「わたしはお稽古は嫌いや、遊ぶのが大好き」と、いつも涼しい顔をして、ちっとも後ろは振り向かず。
常にしゃっしゃと前を歩いて行かれる先生のことが、わたしは好きで。

先生の後を慕ってよちよち歩きでずっとついてきて、今に至る。


090125-2.jpg


色々なことを教えていただいた。


都をどりを見せていただいたり、祇園でお座敷遊びを教えてくださったのも先生だし。

着物のイロハ、選びかた、着方。
芝居の見方や、劇場での振舞いかた。
役者への心づけの仕方も、全部先生が教えてくださった。

昔祇園で旅館を経営されていた頃は、何度もお邪魔して遊んでいた。

南座でお点前をさせていただいたのも、先生のお席でのことだ。
あのときは、玉三郎さんから御礼にと言って、手拭いをいただいた。



先生の着物姿は、わたしのお手本で、永遠の憧れです。
歌舞伎座にいても、先生ほど綺麗な方はほかにいません。

どう見ても普通の奥さんではないけど、玄人でもない。
独特の空気を纏っておられる。

皆が先生を振り返る。


とても小柄なのに、艶やかで、いつも誰よりもさりげなく目立っておられる。

090125-3.jpg
紫の総絞りに、駒の帯。

先生の御年としては、かなり華やかなお召し物だと思うけど。
またこういう、はんなりと美しいものが、よくお似合いになるのだ。

先生はお茶人であられるので、帯揚げはほとんど見せない着付けをされます。
たいへんに粋です。


新春のうららかな昼下がりに、先生の、低くあでやかなお声で歌留多遊びに興じるなんて、なんて贅沢なんだろうと思う。


なのに、ついつい札とりに夢中になってしまう無粋な弟子です。

わたしは、勝負になると熱くなるタチ。



090125-4.jpg


一方そのころ、オニギリはこんなんなっていました。

毛皮がお日様の匂いになっていたよ。


春はもう、すぐそこだァね。

« Break a leg! | Home | 初釜 »

comments

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。