スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
観劇メモ(NY,January,2008)
Mon.04.02.2008 Posted in @Theater

bill.jpg

今回の滞在、すなわち1月24日から26日ですが。

NYで観た芝居は、計4本。
木曜から土曜の滞在でございましたので、これがギリギリ目一杯の観劇枠。



なにせね。

今回は、ほぼ。

20周年公演のためだけに渡米したようなものでございましたので。
(いやほんとに)

こうなったら、全部POTOでもいいかな、この際。

・・・などとも、内心考えていたりしたんですがね。

まぁ、それもね。
シアターゴーアーとしてどうか、という思いがね。

一応、小指の爪の先ほどはあったので。

いやその、つまり。

理性が働いて(笑)


それに加えて、渡米直前に。
『November』のCernter-Orc ど真ん中&前から2列目という、かぶりつき席がとれてしまったものでね。

ネイサンの演技を間近で観るという誘惑に負けて(笑)、唯一の空き枠だった土曜のマチネに、このプレイを突っ込みました。

結果的に、正解だったと思っております。

蓋を開けてみれば、なにせ。
わが愛しのハワードは、かつてないほどの「超・絶好調」でございまして。

ただでさえ濃ゆい彼の演技が、通常より2割増しくらいか?っていうね。
言ってみれば、「特濃」状態で。

あんなもんに枠一杯まで付き合っていたら、わたしのヤワな脳の回線は、軽く2、3本は逝ってしまったに違いないです。

そんなの困る!

こちとら、まだ、この世に未練がたっぷりありますから!(笑)


いやまぁ、ネイサンも濃ゆいは濃ゆいんですがね。

しかし、『November』は非常にライトなコメディでして。

深いことはなぁんにも考えずに・・・てか。

あまり頭を使わずに観ることのできるタイプの芝居でしたから。
もちろん、とても面白かったですけども。

ので、いい気分転換になりましたよ。
(贅沢だな・・・)

で。

ハワードに関しては、木曜・金曜・土曜とも、歌も演技も、そりゃもうね。
なんと申しますか、悶絶ってか。

超絶ものの素晴らしさでございましてね。

あらためて、彼の役者として/歌手としての力量の高さ。
そして、ベテランの凄みと、圧倒的な底力というものを見せつけられました。

ここにきてわたし、彼に惚れ直しましたから(笑)
いや、冗談抜きで。

カンパニー全体としては、やはり。
20周年当日のソワレが、最も素晴らしかったです。

各々のパフォーマンスのレベルがとても高く。
まとまりもよく。

おそらくは、今までわたしが観てきた30数回の中で文句なしに一番。
あらゆる意味で、クオリティが高かったであろうという。

たいへん、熱い舞台でございました。


ま、そのあたりの詳細についてはまたいずれ。


« Happy Valentine's Day! | Home | Theater List 2008 »

comments

ものすごい出遅れましたが(苦笑)

再出発おめでとうございます!
そして、有難うございます。
これでこれからもせっせと日参できます!

最新記事にコメントしなかったのは、以下の一言を叫びたかったからです。
「MARI様、私よりも良い席でネイサン観てる…!!」
次に渡米する時は、祝日にはくれぐれも気をつけようと思います。

20周年という記念すべきPotOの感想を楽しみにしてますね。
あ、そのついでで一向に構いませんので、気が向かれましたらNovemberの感想もお願いいたします(笑)

美都様

ようこそお越しくださいました~。
そして、先ほどはありがとうございました!楽しかったです。

こちとらほとんどビョーキ、てか、気が狂った状態でスミマセン。
でもいつも大体あんなですから、わたし(笑)

Novemberの感想ですか?
んなもん、美都様の感想があれば不要って気がしますが(笑)
あ、いや、でも、書きますよ、いずれ。
一幕のインディアン・ネタ以外は書けるかと思います(笑)

かぶりつき席については・・・わたしは美都様のご加護と思っておりますよ?
だって、あの日、念を感じたもの!
念を!(笑)

はじめまして!

はじめまして。
きゃろと申します。
Howard McGillinさんについて色々なところを覗かせていただいているうちに、
こちらへたどりつきました。
MARI様のブログを読ませていただくとHoward McGillinさんの素顔がちらりちらりとうかがえてホントに嬉しくなったもので、
ついコメントを書かせていただいてしまいました。
又、MARI様のユニークな文章もとても好きで、
楽しませていただきました。
また、覗かせていただくことを許していただけると嬉しいです。

きゃろさん

こちらこそ初めまして、ようこそ!
こんな偏狭、もとい(笑)、辺境の地まで、ようこそおいでくださいました。

お褒めいただきありがとうございます。
いつでも遊びにいらしてくださいね。

ハワードはとても懐が深い、面白い人ですよ。
無論舞台も素晴らしいですが、わたしはどちらかというと、彼の人柄にほだされているというかなんというか(笑)

あんな人、ほかにいないと思います。
色々な意味で(笑)

素晴らしいですね!
Howardさんは目がとてもお優しい目をされていて、
一緒に写真を撮っていただいた時もとても紳士的で感動しました☆
そしてHowardさんがきっかけで語学留学へ行くことにしたんです。
本当に感謝です!
わがままを言ってしまいますが、
いつかまたHowardさんに関するブログを載せていただけると嬉しいです。
オペラ座の怪人やHowardさんについて語ることができる方に出会えて本当に嬉しい!!!!!(←興奮しすぎ)
また覗かせていただきます!

きゃろさん

ハワードは礼儀正しさという意味では非の打ち所がないですね。完璧なジェントルマンと言ってしまっていいんじゃないか思います。

>Howardさんに関するブログ
Privateなことが多すぎて書けないです(笑)

彼はわたしにとってはとても大切な友人の1人でして。
ネタにするにはちょっと距離が近すぎるんですね。
そのあたりをどうか薄目で(笑)、お察しいただけると有難く存じます。

そうですよね。
軽率すぎました・・・。
本当に申し訳ありません!
嬉しさのあまりに失礼なことをお願いしてしまいました。
私は1ファンとしてこれからもまたマジェスティックシアター通いと、
Howardさんが出ているDVD探し、
そしてオペラ座の怪人に関する書籍の探求に努めたいと思います!

きゃろさん

謝らないでください!(笑)
こちらが恐縮してしまいますので、どうぞ。

>探求
わたしにお役に立つことがあればいつでもお手伝いしますので、ご遠慮なくお声をかけてくださいね。

ありがとうございます!
探求に限界を感じた時にはお伺いするかもしれませんので、
その時はよろしくお願い致します!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。