スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
抱っこ猫
Thu.22.01.2009 Posted in cat

猫界には2種類の猫がいるそうですよ。

いわく、抱っこが好きな猫とそうでない猫。



080122.jpg
うっとり。



・・・わがオニギリ猫は、確実に前者でございます。

抱っこ猫ってか、この男はむしろ。


「張り付き猫」。


だもの。


抱っこするまで、にゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーにゃーと。
わたしの足元にまとわりついて、永遠に離れません。

どこにでもついてきます。


んで、抱き上げたら最後。
でっかい喉音を延々と響かせながら、わたしの胸にへばりついて離れません。


090122-2.jpg
へびー。
全身の力を抜いてぐんにゃりしてるから、たいへん重い。腕がもげる。



・・・わたしの育て方が、どこかいけなかったのかしら?

でも、手乗りになるくらい小さな頃から、そういう性格なんですよ、この猫は。
初めてわたしの手に乗ったときから、そうなの。

いつもいつも、喉を鳴らして両手でしがみついてくるの。
春夏秋冬いつでもそうだから、まんざら人間を湯たんぽ代わりにしているわけでもない様子。

てか、彼がしがみついてくるのはわたしだけですけどね。
ビビリで、他の人に対してはこんなにフレンドリーではない。

実家にいた頃から、この猫は「わたしの子」だったの。
気が合ったんだな。



猫にも色々いて、哲学者のような面持ちの、超然とした人もいます。
ワンハンドレッドのZippy先生なんかがそのタイプ。

素敵よ。
猫らしい猫ね。
高貴なミリョク。


うちのオニギリはねぇ。
多分、半分くらい、犬の血が入っていると思うんだよなァ。

だって、呼べば飛んでくるし。
わたしの後をくっついて離れないし。
以前にも書いたと思いますが、風呂に入れば風呂の前でずーっと待ってるし。

帰宅すると玄関まで飛んで出てくるし。
(それでにゃあにゃあにゃあにゃあと何か色々喋っている)

腕を引っ張ったりもするよ。
(わたしの腕を両手で挟んで、自分の顔に持っていって撫でさせるという荒ワザ)

寝るときも、わたしと一緒でないと寝ません。
(しかも抱きついて眠る。暑いんじゃ!)

ほとんどストーカーです。
もし彼が人間だったら、相当キモい男よ。


・・・生後2ヶ月のときに、わたしのところへ来て、今度19歳になるわけだから。

最初は、ほんの赤ちゃんで。
わたしよりずーっと小さかったけど、生物学的な年齢換算で行けばね。

とっくにわたしの年齢を追い抜いていることになります。

おっさんてか、じいさんだ。


もうちょっと老成していてもいいんじゃないの?


まぁ、たまにそういうときもありますけどね。
見守りモードっていうか。

そういうときは、どこぞの賢者のような面持ちをしておられる。
すべてを心得てるってオーラが出ております。

師匠ってかんじ。



でも、彼にとっては、きっと。
わたしは、基本は、永遠にママなんだろうな。



ああ、メリケンの犬馬鹿氏のことを笑えないわ・・・
(笑ってませんけども)

だって、彼の気持ちがわたしにはよくわかるもの。


傍からみたら、わたしの猫馬鹿も相当なもんだろうな。

きっと。



ということで、このエントリーは惚気です。

わたしとオニギリは愛し合っているのさ。

« Dahlia | Home | What is demanded then is a return to these truths »

comments

きゃ~、かわいい! うちのネコ(享年16歳)は、普段はだっこは嫌いなのですが、人がソファで寝ているのを見つけるとイソイソとお腹の上に乗ってきて、ぐ~っと寝てしまうヘンなコでした(笑)冬はお互いが温かいんですけどねぇ。1枚目の写真は、ほんとーに幸せそうなお顔ですにゃ。

ともりんさん

可愛いでしょう~?うへへ~(←猫馬鹿)
青年時代はほんとーにハンサムでねぇ、もっとキリッとした顔をしていた(と思う)んですが、老年になるに従って赤ちゃん帰り・・・人間のじいさんと一緒ですね。

そうそう、お腹の上に乗ってきて平べったくなりますよね。
うちのオニギリはカエルのようになって寝ますよ。
その重量たるや、まるで漬け物石。自然に腹筋が鍛えられますにゃ。

わーい。オニギリちゃんの最新画像ですね!!
写真からゴロゴロと気持ちのいい音が聞こえてきそうです。

オニギリちゃんの手乗り時代も、どんなに可愛らしかったことか気になります。
よかったらその頃の写真も見せていただけると嬉しいです♪

かなかなさん

オニギリのゴロゴロは、本当に雷が喉に住んでるんじゃないか?ってくらいの轟音なんですよ。
体がデカい猫だから音も大きいのかと思ったんですが、猫の本によると、甘えん坊な猫ほど喉音も大きいんですって。

手のりオニギリの写真は、アナログなのでデータ化ができません!猫馬鹿として、ここで見せびらかしたいのは山々ですが!
ので、次回お会いするとき(S氏お誕生会かな?)に、持参して個人的にお見せイタシマス。

MARIさん、ありがとうございます!
お会い出来るのを楽しみにしております。

かなかなさん

こちらこそ、楽しみにしております!
いつかオニギリの実物にも会ってやってくださいませね♪

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。