スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジョエル・グレイの家
Tue.20.01.2009 Posted in @Theater

「ニューヨーク、マンハッタンにある、俳優として成功した人物が住むペントハウス。

こう聞いて、人は何を想像するだろうか。
豪華で、きらびやかなインテリア、夜ごと開かれるパーティー。
訪れる客の注目を集める、栄光の軌跡 ―オスカー像や、数々のポスターなど―。

ジョエル・グレイの家には、それらすべてがない。
あるのは、降り注ぐ太陽と静けさだけだ」




わたしの手元にあるのは、1995年2月発行の『ELLE DECO』。
稼業の割には少ない蔵書数だと人に驚かれるわたしの、数少ない雑誌コレクションの中の1冊。

十年以上前にこの雑誌でたまたま見た、ジョエル・グレイの家に、当時のわたしは魅了された。


090120-1.jpg


その頃は、まだブロードウェイに通い始めるずっと以前だったから。

ジョエル・グレイがどういう俳優なのかも、よく知らなかった。


映画『キャバレー』のMC役をやっていた(大好きだった)、個性的でとても小柄な男優とだけ。


雑誌の中で紹介されていたジョエルの家は、ほとんど温室に近いような雰囲気で。

広いテラスに、ガラス張りの部屋をつなげて、その中にメインの浴室、書斎、ダイニングを収納した作りになっていた。

緑が一杯で、陽光がさんさんと降り注ぎ、屋内と屋外が一体化した。
透明で、見るからに居心地のよさそうな、穏やかな空間だった。


ジョエルは、その家に、仕事に関するものは意識して一切置かずに。
代わりに、好きでいつの間にか集ってしまったというアートや美術品を、たくさん飾っていた。

アフリカの彫像やアメリカインディアンのフォーク・アートから、マティスの版画、ダイアン・アーバスのオリジナル・プリント。

彼の友人が描いたという素描。

それにたくさんの、新鮮な花。


金銭的な価値や、時代やスタイルに全くとらわれない。
彼自身の感性と美意識で選ばれたコレクションは、温かい折衷主義とでも言うべき独特のもので。

その柔らかく、とがったところのないナチュラルな美しさは、今でもわたしのお手本だ。



ジョエルは、誌面の中で、インタビューに答えて語っている。

「僕にとって、本当の演技とは、その瞬間を自由に生きることなんだ。
そのためには、自分が解放されていなくてはならない。

この家はそれを象徴している。ここは、僕の回復のための場所なんだ」



当時で既に、ジョエルはこの家に住んで7年目だったというから、今でももし、彼がここに住んでいれば。
20年以上の時が経つことになる。

わたしがうっとりと眺めた、彼が大事に育てていたという戸外の葡萄棚は、今はどんな風になっているんだろう。


090120-6.jpg



衣食住で、どこに一番重点を置くかと聞かれたら。
わたしはまず、間違いなく「住」だと答える。


わたしは、自分が住むところは、日当たりがよく、風通しがよく、天井が高く。
静かで窓から緑がたくさん見える場所、と決めていて。

そういう家に、猫や犬と一緒に住みたいと、昔からずっと思っていて。


今は、そういう家に住んでいる。


多分、このとき見たジョエルの家の影響がとても大きいんだろうと思う。



家は、自分にとって、繭のような空間でないといけない。
静かで、快適な、心身のリカバリのための場所。

新鮮な空気と、風と、陽光の通る場所。
自分が自分に還る空間。


ジョエルの家は、今でもわたしの理想。
変わらぬお手本だ。




ジョエルの家の写真は、冒頭の一枚だけ。
以後はすべて、『SO CHIC』より。



わたしはアメリカへ行くたびに、ハードカバーの洋書の類を買い込んでくる。

そのほとんどがインテリア系か。
もしくは画集か、写真集。


090120-2.jpg

090120-4.jpg


090120-3.jpg

« What is demanded then is a return to these truths | Home | Gorgeous & Noble »

comments

素敵だな~

窓から緑が見えるというのは、借景であっても欲しいものです。うちは、マンションが見えるのみ。バルコニーに、背の高い葉物を置いてますが、隙間から向こうのバルコニーが、、、交通の便がいい。それで目をつぶってしまったけど、もっと探せばあったのかもしれませんね~。
まだ、今日はカーテンも開けてません^^;

yuricoさん

日々の生活の上でプライオリティをどこに置くかって人それぞれで、それこそが個性なんだと思うんですよ。
わたしの場合は、それは「住」だったり「インテリア」だったりするのね。
だから、わたしが一番好きな家事は、掃除なんですよ(笑)
常に身の回りをすっきり綺麗にしておかないと調子が上がってこないタチなんです。
物がごちゃごちゃと多くて散らかっていると、なんてんですかね?
脳内が混乱してくるの(笑)

お日様の光と緑と花が常の傍にあって、静かなところでゆったりしてると細胞が生き返るんですよ。
きっとわたしは、半分くらい植物なんでしょう(笑)

yuricoさんのようにフットワークの軽い方は、交通の便が良いところっていうのが優先順位の上になるのは当然ですよね。便利ですものね、サウスブロンクス♪

ジョエルグレイのおうち、素敵ですね。

ジョエルグレイは大好きな俳優さんです。

アカデミー賞で久しぶりにみかけたのでうれしかったです。

jud*liz*ownさん

はじめまして(ですよね?)、コメントありがとうございます。

ジョエル・グレイが今でもここに住んでいるかどうかはわかりませんが(何せもう10年以上前の記事です)、住んでいてくれればいいなァ、と。
楽園のようなお宅で、彼の雰囲気にこれ以上ふさわしい家がほかにあるだろうか、と思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。