スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Gorgeous & Noble
Mon.19.01.2009 Posted in flowers

090119-top.jpg

三種の蘭、薔薇、ダリア、ミモザ、ガマズミ。





最近のわたしは、蘭に凝っているので。
今日も、蘭を中心に活けてみた。


ゴージャスでノーブルな花を目指した。



090119-7.jpg

何を使いたかったって、これです。
この蘭を見て。

どうです?
綺麗でしょう?


シンビジウムなんだけど、こんな微妙な色、わたしは見たことがなかった。

この、息を呑むほど美しい花は、"ムーン・ウォーク"という名前の蘭です。



090119-8.jpg

ダリア。
これは"黒蝶"。

血の色のような真紅。
質感はまるでベルベット。



090119-2.jpg

蘭。
"パウリスタ"。


090119-9.jpg

薔薇です。
"カルーセル"。



ミモザとガマズミはつなぎ。

蘭と薔薇とダリアが、思いっきり派手で。

それぞれが単体でも十分主役になるような、素晴らしい大輪だったから。
その間を埋める&立体感を出すために、あくまでもアクセントとして使用。


蘭には、台湾のお香のような、独特のオリエンタルな芳香があります。
ミモザも香りが高い。

ガマズミも、開花したら香りますよ。



090119-10.jpg



わたしは日本人でございますので。

どんな洋花を活けたとしても、日本人としての「色」やニュアンスが出るのは当たり前。
そうでないと、わたしが活ける意味はないと思っています。


豪華で、悪趣味すれすれくらいの極端さがあって。
かつ、上品であること。

そういうものがわたしは好きだし、そういうものを作り続けていきたいと思う。


090119-11.jpg




花を作るのは本当に楽しい。
多分、心底性に合っているんだろうな。



090119-top2.jpg

« ジョエル・グレイの家 | Home | 江戸小紋 »

comments

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。