スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Society
Sun.04.01.2009 Posted in etc

イタリアのファブリック・ブランドの老舗、Limonta社。

ここが展開するベッド&バス・リネンのラインが『Society』。



高価ですが、品質は最高級のものです。


麻、シルク、木綿、どれをとっても非常に美しい。
手触りや質感の豊かさやクオリティーの高さもさることながら、何よりも素敵なのは色。

ここのカラー・スキームの繊細さは素晴らしい。
うっとりする。


バスローブは、以前から。
もう数年越しで、ずっと探していたの。

気に入ったのがなかなか見つからないままだった。


よくある、タオル地の厚手なものは、わたしには重くて肩が凝る。
長く着ていられない。

大体、タオルやワッフル生地の、ぽってりした質感は、どうも野暮で。

ローブ系は、サイズがどれも大きくてね。
ジャストフィットというのが、結構難しい。

かといって、「着られている」ような外見になるのはどうも。

優雅じゃないでしょ。
着ぐるみを着てるんじゃないんだから。


090103.jpg




最後にただひとつだけ、わたしを待っていたかのように残っていた、カプチーノ・ブラウンのSサイズ。
ウォッシャブル・コットン、フードつき。

高品質のコットンで、軽くて柔らかい。
吸水性も抜群。

ほどよくゆったりしていて、かといって、着崩れることもない。
丈も短すぎず長すぎず、丁度良い。

着心地は最高です。

本当に満たされた気分になる。

これを着て、torch songなんざ聞きながら過ごす夜長は最高じゃないかな。

日当たりの良い部屋で過ごす朝もいいよ。
淹れたてのコーヒーを片手にさ。


素肌に直接まとうものこそ、そろそろね。
こだわりたいのよ。



柔らかいピンクのナイトウェアはリネン。

とても薄くて、思いっきり透けるけど、くるみボタンのディティールまで凝っていて、とても綺麗。
裾も両脇へのラインが少しカーブになっていて、全体にフォルムがやさしいです。

シンプルだけと洒落ている。

リネンに抱かれて、体が泳ぐような心地がします。



部屋の中だからこそ、美しく過ごしたい。


だって、もう大人の女だからさ。

« The Lady with the Torch | Home | 12月24日 »

comments

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。